2才の頃、髄膜炎菌性敗血症により両腕を失ったティリー・ロッキーさん。

イギリスで初めてバイオニック義肢を購入した少女です。

彼女は腕を失った当初、同情の目を向けられることが多かったそうです。
しかしバイオニック義手にしてからは人々の反応が驚きと笑顔になったのです。
バイオニック義手は人々の視線を集めるけれど、それはその視線は同情ではなくなっていました。

彼女はそれ以降SNSで「人と違うことはカッコイイこと」ということを発信し続けています。


義手には6~7種類のケースがあり、それは新しいハンドバッグを選び、どんな靴を履くかを選ぶようなものだとロッキーさんは語ります。
jfp;


彼女にとってその時間はとても楽しく大好きな時間だそうです。
ぎs;k


いまでは化粧も自分で卒無くこなし、家族と同じように料理や掃除など家事も難なくこなしています。
えkんqf



彼女のインスタグラムは3万人のフォロワーがおり、多くの人達に勇気を与え続けています。




本格王道オンラインRPG「Tree of Savior」