お母さんの結婚式でフラワーガールを務めることになった4歳の女の子アヴァちゃん、彼女は二分脊椎症という先天的な神経管閉鎖障害を患っており、下肢の麻痺により歩行が困難な状況でした。
しかし結婚式にアヴァちゃんは自分の足でお父さんの元へとたどり着き、フラワーガールとしての勤めを見事に全うしたのでした。